browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

レーザー発振器にも種類がある

レーザー発振器にも種類がある

初めてレーザー発振器が開発されてから、すでに50年以上もの年月が経つそうです。

1960年に初めてレーザー発振器が開発されてから、近年に至るまで、次々に、新しいレーザーが開発され、現在では、かなり小型なものも製品化されています。

私たちは、一口にレーザーと言っていますが、レーザーを出すための出力には種類があります。

大きく分けると、固体レーザー、気体レーザー、液体レーザーの3つに分けられます。

文字通り、レーザー発振器内にあるレーザーを作り出すための動作物質を、固体レーザーは固体材料、気体レーザーは期待材料、液体レーザーは液体材料を使用しています。

特に、固体レーザーの中には、半導体の場合があり、絶縁体の材料を使用しているものとの違いが大きいこともあり、半導体レーザーと呼ばれ、区別されています。

どの種類も、使用する材料によって、細かくレーザーの種類は分かれていますが、どれが1番良い悪いではなく、何に使用するのか、用途に合わせて、どの種類が適合しているのかが決まります。

技術の進歩というのは、すごいですね。


© 2016 レーザー発振器を活かした事業