browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

レーザー発振器のレーザーはとても強い光線

レーザー発振器のレーザーはとても強い光線

私たち一般の人がレーザー発振器を手に入れようと思っても、昔は、なかなか手に入りませんでしたが、今では、簡単に手に入れることができるようになりました。

レーザー発振器から発振されるレーザーの光というのは、一般的に私たちが使用している照明器具などの光とは違い、とても強い光線であるため、直接見ると、目が失明してしまう危険性さえあります。

レーザー発振器を使用するための安全基準が定めてあり、そのレーザーの光の強さによって、クラス1からクラス4までに分かれていて、クラス2とクラス3に関しては、さらに細かく分かれていて、計7つのクラス分けがされています。

私たちが、一般的に使用できるようなものは、それほど強い光線が出るものではないので、まばたきをすることによって、安全が確保される程度までのものが多く、1番強いものになると、散乱したレーザーの光を直接見ただけでも危険を伴い、やけどや火災の元にもなるほどです。

上のクラスになるにつれ、鍵やインターロックが必要だったり、警報表示が必要になり、安全の確保が必要とされています。


© 2016 レーザー発振器を活かした事業