browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

使い方を間違えると凶器にもなる

使い方を間違えると凶器にもなる

趣味でエアガンやモデルガンなどを集めている人もたくさんいるかと思いますが、こういった人にとって、レーザー発振器の存在は、欠かせないものなのではないでしょうか。

スコープと呼ばれるレーザー発振器が内蔵されたものがあります。

射撃をする際に、このスコープによって、レーザーの光を的に当てることによって、狙いを定めるというものです。

よく警察が出てくるようなドラマや映画などを観ていると、良くも悪くも狙撃犯がスコープ付きのライフルで、狙撃するシーンが出てきます。

レーザー発振器の中でも、レーザーポインターは、3,000円ほどで簡単に手に入る時代です。

そういった収集家の中の、ほんの一部の人によって、本格的な凶器として改造してしまったり、レーザーポインターを利用して、危険なおもちゃを作り低価格で販売するような悪質業者が現れるなどといった問題があり、日本では、規制をかけています。

レーザーポインターは、何かを指し示すために、とても便利な製品です。

だからこそ、私たち大人が、正しい使い方をすることを心がけたいものです。


© 2016 レーザー発振器を活かした事業